私は勤務医時代、一般外科医として消化器、乳腺・甲状腺などの疾患の治療に携わってきました。 平成14年にクリニック開院後は、「プライマリー・ケア医」として、また「かかりつけ医」として、外科疾患の他、高血圧、糖尿病、気管支喘息などの内科疾患も多く診ています。

 人間の生命は外傷など不慮の事故以外は、生活習慣病による全身の血管破綻による病気(脳梗塞、心筋梗塞など) そして悪性腫瘍に左右されると言われています。 当院は種々の疾患の窓口として適切なケアを行うことを心がけていますが、生活習慣病および悪性腫瘍の早期発見と治療・コントロールに力を入れています。

 また、疾患によっては迅速に病院紹介を行っていますが、病院紹介後の様子は、当院にいて病院での診療内容を確認することができる「あじさいネット」を利用しています。 この病院連携のツールである「あじさいネット」により各病院との連携をさらに緊密なものとしていますが、同時により良質で高度な医療を提供できるものと思っています。

 今後とも、みなさま方の一生の健康に寄与するとともにそのアドバイザーとして納得のいく医療に心がけたいと思っています。

わたべクリニック院長 渡部誠一郎